お問い合わせ
  • ホーム
  • 事業内容
  • 施工事例
  • 会社概要
  • 採用情報

事業内容

防水工事

アスファルト防水

アスファルト防水

アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コ-ティングしたシ-ト状のル-フィングを貼り重ねて形成する工法です。

ル-フィングを積層することにより、水密性に優れた防水層が構成されるので、露出仕上げや押えコンクリ-トで仕上げたり屋上緑化を施したりと多彩な仕上げが可能です。

吹付防水

吹付防水

吹付防水とは、樹脂を吹きつけて塗膜をつくる工法です。

屋根や壁などこれまで施工しにくかった場所にも比較的簡単に対応することができ、高い防水効果を発揮します。

浸透性防水

浸透性防水

表面含浸材をコンクリ-トに含浸させることにより、表面に吸水防止層や劣化防止層を形成し、劣化進行の抑制や耐久性の向上を図るものであります。表面含浸材には、浸透性吸水防止材や浸透性固有化、アルカリ性付与材などがあります。

補修効果は施工する下地の状態(施工材料の含浸程度)により異なります。

トップへ

止水工事

高圧注入工法

高圧注入工法

高圧注入工法とは、打継ぎ部・ひびわれ等の出水部の水みち部にドリルにて削孔し、高圧注入用プラグを介して、止水剤を漏水箇所に注入する事で、漏水の原因である水みちを閉塞し止水する工法です。

導水工法

導水工法

導水工法とは、漏水が覆工の打継面や覆工面のクラック等に沿って線状に発生している場合、この漏水部分をV字型・U字型に切り込み、整形材料等を取付け表面をシ-ルすることによって漏水を排水溝に導く工法です。

トップへ

メンテナンス

コンクリ-ト補修

コンクリ-ト補修

本来コンクリ-トは強度・耐久性・経済性を併せ持った、住宅・社会資本を形成する重要な資材です。

コンクリ-ト補修とは、劣化した部材あるいは構造物の今後の劣化進行を抑制し、耐久性の回復・向上を目的とした補修です。

  • コンクリート補修
  • コンクリート補修
  • コンクリート補修

補強工事

コンクリート劣化が進行した高架橋やトンネル内面よりコンクリート片が剥落する事故が多くなりつつあります。このような事故がひとたび発生すると重大な人身災害を引き起こすことになりかねません。

繊維シート工法(ビニロン3軸シートやガラスクロスなどを対象構造物の形状にあわせて接着)が採用されております。

トップへ

樹脂工事

コンクリート補強

コンクリート補強

コンクリ-ト構造物のひび割れによる耐久性や防水性などの性能の低下を回復させるために行われます。

注入工法はエポキシ樹脂やセメントスラリ-などの注入材を注入器具を用いてひび割れ深部まで充填させる工法で、一般的には幅0.2~1.0mmのひび割れに対して施工を行い、ひび割れ部の条件(ひび割れ幅、挙動の有無、乾燥・湿潤)により、使用する材料を選定します。

ライニング工事

ライニング工事

ライニング工法とは、強力な接着力により躯体との一体化を図る接着補強型止水工法で、あらゆる状況下に対応できる安全テストで確実な工法です。

トップへ

モルタル工事

断面補修

断面補修

コンクリート構造物は近年10数年で品質劣化がおきる場合があります。その劣化原因はいわゆる塩害、中性化、アルカリ骨材反応、酸性雨等によるものであり、劣化したコンクリートをはつり除去し、適切な断面修復材にて修復し、さらに表面被覆をほどこして、劣化の進行を防止する補修です。

モルタル吹付工法

モルタル吹付工法

補修面積が比較的大面積の場合に用いられ、あらかじめ練り混ぜた断面修復材を吹き付ける湿式工法と、紛体と水または混和液を別々に圧送して吹き付ける乾式工法があり、それぞれ専門の吹付け機を使用する工法です。

左官工事

モルタル吹付工法

透水・吸水に対する対抗性能を高める防水剤を混入したセメントモルタルを床・壁・天井などに施工して漏水を防止します。

トップへ

耐震補強工事

アンカ-工事

アンカ-工事

アンカーは、既存の躯体・新設したコンクリート躯体にあと付で埋め込み固着するアンカーです。

アンカーの種類は数多くありますが、一般的には金属系アンカー・接着系アンカーが主に使用されています。

このあとアンカー工法はコンクリート躯体との接合面で両者間の力が円骨に伝達され強度が出る工法です。

あとアンカーの性能や強度は既存コンクリートや対象母材の影響で左右される事が多い為、母材の状態を把握できる能力と確実な施工が出来る技術力が必要となります。

補強工事

モルタル吹付工法

耐震補強工法は構造物の種類により、様々な補強方法が考案されています。

一般に、いずれの工法でも既存の構造部材と新しく施工される補強用構造部材の取り合い部分、すなわちコンクリートと鋼材または既設コンクリートと新コンクリートの間に大小の間隙が発生します。この隙間を上手に埋め合わせて構造物を一体化することが重要な課題となります。

実際の耐震補強工事ではグラウト(無収縮モルタル)の施工が、その補強された構造物の安全性を大きく左右すると言えます。

  • 補強工事
  • 補強工事
  • 補強工事

耐震スリット工事

耐震スリット工事とは、柱と壁との間に切れ目(これをスリットといいます)を入れることで地震の横揺れから柱の損傷を防ぐための工事です。

地震が発生すると地盤から建物に揺れが伝わってきますが、揺れ方は階高で異なります。階高で異なる変形を起こしその変形・ひずみから建物の損傷を防ぐ工事です。

トップへ